レーザ加工(マーキング)とは:定義

 人工的に作り出された光であるレーザ光をΦ数十μm以下まで集光し、これを熱源とした印字・切断・剥離等を総称して
 レーザ加工と呼んでいます。印字するものをレーザマーキングと言い、レーザを用いた工法の代表例でもあります。

 ①超精密な加工ができる。
 ②非接触のため、ワークの変形が少ない。
 ③短時間接合のため、熱ひずみが起きにくい。

 本項では、このレーザ加工の代表例であるレーザマーキングについてご紹介致します。
 それ以外のレーザ加工については、工法別アプリケーション紹介をご覧下さい。

「HPだけでは理解しきれない」「もっと詳しく知りたい」「実際に加工機を触ってみたい」
 そんなお客様は是非、HPお問い合わせよりご連絡下さい!
 

レーザマーキング

対象は金属から樹脂に及び、金属であれば、表面を彫り込まずに酸化させた「黒色マーキング」や、表面を掘り
込んだ「白色マーキング」といった方法があり、樹脂であれば表面を発砲させることでマーキングします。
製品名や製造番号、2次元コードなど、様々な場面で活用されています。         

 

  
 マーキング方法による特性の違い
 マーキング方法は、それに必要な条件や材質・コストなどにより選定されます。
 主なマーキング方法には次のようなものがあります。

 ●レーザマーキング
  マーキング内容を簡単に変更できるほか、「消えない」のが最大の特徴です。
  また、非接触で対象物へのダメージが少なく、微細な電子部品などへのマーキングにも適しています。
 ●インクジェット印刷
  プリンターのほか、ラミネートフィルムへの賞味期限の表示などに使われています。
 ●インク捺印方式
  装置は安価ですがランニングコストが高く、インクの管理も必要になります。
 ●刻印
  金属へのマーキングに用いられますが、印字内容の変更に工数が必要となります。


 レーザマーキングの種類

 1.浅堀りマーキング

  読んで字の如く、対象物の表面を浅く掘るマーキングです。金属や樹脂などその適用範囲は広く、近年は電子部品の小
  型化が進んでいることから、ICパッケージへのマーキング需要も増えています。この際、ICにダメージを与えないため
  に深さを数μmに抑えてマーキングすることも可能です。

 2.深堀りマーキング
  材料の表面を深く掘るマーキングです。適用範囲は金属で、マーキング後に塗装するもの、或は打刻機やエッチング
  からの置き換えにも適しています。

 3.黒色(酸化)マーキング
  材料の表面を酸化させたマーキングです。表面のみを黒く酸化させることで傷の無い平滑なマーキングになります。
  掘り込むマーキングとは異なり対象物へのダメージが生じないため、シリコンウエハーなど硬度が低い対象物への
  マーキングに適しています。

 その他、発砲マーキング・剥離マーキング・図形マーキング・コードマーキング・写真マーキング・3次元マーキング
 があります。ご興味ある方は、工法別アプリケーション「レーザマーキング」をご覧ください。


押さえておくべきポイント                             
 ・レーザマーキングのメリットは「消えない」「非接触」「微細」である。 
 ・対象物の材質やマーキングの見え方により、それぞれ適した方法がある。    

                 

その他の基礎知識はこちら

 ・レーザとは
 ・レーザ加工(マーキング)とは
 ・レーザ加工機(マーカー)の基本構成

 

アプリケーション紹介

 レーザ加工にはマーキング以外にも様々なものがあり、その適用範囲が非常に広いものです。
 当社では、業界別や工法別にアプリケーションを紹介するページを新設しており、そこに詳細を記載しております。

 業界別アプリケーション紹介
 工法別アプリケーション紹介

 こちらもアクセスのうえ、ご不明点やサンプル実験のご要望があれば是非、
 HPお問い合わせか最寄りの営業所までご連絡下さい!