抵抗溶接の5大条件

 最初の「抵抗溶接とは」にて、溶接の良否を特に大きく左右するのは「電流」「抵抗」そして「加圧力」と
 説明しましたが、本項ではそれ以外の要素も含めて説明します。

「HPだけでは理解しきれない」「もっと詳しく知りたい」「実際に溶接機を触ってみたい」
 そんなお客様は是非HPお問い合わせをご利用下さい!
 

重要な5大条件

 ① 電流値    :ジュール発熱の形成に2乗で効いてくる最も重要な要素です。
 ② 加圧力    :接触抵抗を安定させる要素です。どれほど電流を精度よく制御しても、
           この接触抵抗が一定にならないと効果を発揮しません。
 ③ 追従性    :被溶接物の膨張と収縮の動きに合わせて一定に加圧します。スパッタの発生を抑えます。
 ④ 通電時間   :電流を流す時間です。
 ⑤ ヒートバランス:被溶接物や電極の発熱と放熱のバランスのことを「ヒートバランス」と言います。
           このバランスが取れていないと、溶接強度の低下や電極のベタつきといった問題に繋がり、
           電極の寿命を縮めることにもなります。

 良い溶接条件を導くには、適正な電流、加圧力、通電時間の組み合わせが重要となります。
 適正範囲より加圧力が高い場合は接触抵抗が低下しすぎ、発熱不足と溶接強度の低下を招きます。
 また電流が適正範囲より高い場合、今度は発熱しすぎて爆飛を起こします。

 下記イメージの通り、それぞれの条件のバランスを取ることが重要です。

 
                               

その他の基礎知識はこちら

 ・抵抗溶接とは
 ・抵抗溶接の方法
 ・抵抗溶接機の基本構成

 ・抵抗溶接の5大条件
 ・抵抗溶接電源
の種類と特長
 ・抵抗溶接の品質管理

 

もっと詳しく知りたい方はこちらへ!

「HPだけでは理解しきれない」「もっと詳しく知りたい」「実際に溶接機を触ってみたい」
 そんなお客様は是非HPお問い合わせへご連絡下さい!

 また当社では、業界別や工法別にアプリケーションを紹介するページを開設しております。
 基礎原理だけでなく、「どんなワークに何が出来るのか知りたい」という方はこちらもご覧ください。

 業界別アプリケーション紹介
 工法別アプリケーション紹介

 ご不明点やサンプル実験のご要望があれば是非、最寄りの営業所までご連絡下さい!
 皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。