パルスTIG溶接

T(タングステン)I(イナート)G(ガス)の略称で、タングステン電極を用い、不活性ガス中のアーク放電により被溶接物を溶接する方法。電極と被溶接物との間でアーク放電させ、その際に発生するプラズマを熱源として金属を溶融させます。

銅合金の溶接に優れ、モーターなどのバスバーや被膜線の接合などで用いられます。

当社の「MAWAシリーズ」は、電圧ノイズを抑制しインライン化にも最適な溶接機です。専用のウエルドチェッカーもラインナップしています。

アプリケーション

サンプル例 銅系/被膜線端部/パルスTIG溶接
サンプル例 被膜線と端子のヒュージング
サンプル例 バスバーのパルスTIG溶接

ピックアップ「パルスTIG溶接の品質管理」

パルスTIG溶接でも電流・電圧・通電時間・ガス流量の測定、管理は必須です。
当社では、「目で見える管理」を実現する、小型で操作が簡単なTIGチェッカー「MM-140A」を発売しています。
上下限機能を備え、予め取得した基準条件をもとに比較判定を行います。
その他、双方向通信機能による各種設定条件の読み出しや書き込みも可能です。

ピックアップ 「システムソリューションによる“お困りごと”解決」

当社の加工アプリケーション技術と自動化技術で、お客さまの困りごとの解決策を提案します。

これらの課題にお困りであれば、ぜひ当社のシステムソリューションをご検討下さい。

加工シーン

バスバーのパルスTIG溶接(遮光板越し) / パルスTIG溶接電源「MAWA-300B」

バスバーのパルスTIG溶接(位置決めステージ付き)/ パルスTIG溶接電源「MAWA-300B」

バスバーのパルスTIG溶接 / パルスTIG溶接電源「MAWA-300B」+システム例

推奨機種

アマダウエルドテックの製品・製品の修理/復旧、および企業活動についてのお問い合わせ窓口をご案内しております。